適した教材で確実習得|もう英会話で悩まない

女性

習得の機会

先生

韓国語とは、ハングルという文字と音で形成される言語である。韓国語という名称ではあるが、朝鮮半島全域で使用されている。個人名には漢字を使用しているが、文章などはほぼすべてがハングルとなっている。一時期は日本でも韓国の歌手が爆発的な人気を誇っていた。今も変わらず人気があり、好きな歌手の為に韓国語を覚えようと頑張る日本人のファンも少なくないようだ。勉強方法としては様々なものが挙げられるが、ネットを活用して行う方法は人気が集中している。教室などに通う事を面倒に感じている人は多いので、自宅にいながら勉強できる方法が人気なのだ。また、聞き流すだけで耳が慣れているというCDの売れ行きも良いようだ。習得出来るか出来ないかは本人の頑張り次第だという事を忘れてはいけない。

韓国語は、英会話や中国語の様に広く知られている言語ではなかったが、日本では韓流ブームによりオンライン講座などが開かれるようになった。他にも通信教材や市販テキストなどが販売されている。

ハングルと日本語は時には発音がほとんど同じものもある。その為、比較的覚えやすい外国語であるが、文字の違いや日本人にとって聞き取りづらい発音も多いことからあまり類似点があるということには触れられていないケースが殆どである。
また、発音だけではなく文法も日本と同じような順番であることもハングルの特徴である。

朝鮮半島全体で見た場合、韓国と北朝鮮の言葉は微妙に異なっている。その最たるものは「ラ」行であり、韓国は「ラ」の発音が他の音(ナ行やヤ行など)代替されるのに対し、北朝鮮はそのまま発音している。